【製造業】まだ20代なら転職を繰り返せ「スキルアップするには転職が必要」

転職

こんにちは

機械加工専門で、転職を繰り返し現在6社目

加工の現場から外れて今は管理職ですが

現場最終年収は620万円でした

まだ20代のあなたに向けて書いてます

機械加工はまず3年耐える

機械加工の仕事は、初心者の場合入社して約2年ははっきり言って戦力外です

3年たったころから初めて戦力になります

あなたの給料は先輩たちが稼いだ中から支払われています

3年間はひたすら同じことを繰り返し、耳・手・鼻で加工を感じとってください

センスの有り無しで多少の違いはありますが、機械加工の世界は経験がモノを言います

3年もたてば、やすり掛けにしても、加工条件にしても、染みついた感覚が役に立ちます

※補足:このブログは「過去の自分」に向けて書いています。ボクは男性なので男性目線です

機械加工技術者(マシニスト)は同じ会社に長くいてはだめ

理由は3つ

  • 理由①:会社の成長具合に自分も影響される
  • 理由②:新しい情報が入りずらい
  • 理由③:変化がない

理由①:会社の成長具合に自分も影響される

加工屋のほとんどは下請けなので、変えようとしない限りは生産品目や加工内容は変わりません

加工屋の大半は下請けなので、客先の景気や成長に左右されてしまいます

加工屋という業種は専門店です

マシニングや旋盤など加工種類の専門の他、自動車や半導体、医療など業界の専門もあります

自動車や半導体関連は、世界情勢や景気にかなり左右されます

リーマンショックの時は、年が明けて出社したら仕事がゼロでした

理由②:新しい情報が入りずらい

創業社長で数十年生き延びている会社は安定しています

その安定に甘えて新しいことを使用とする気がありません

あるとしたら、社長の趣味の発明品を量産して一発当てようと盛り上がる程度です

なので他の社員も特に改革するつもりもないので何もしません

こういう会社はPCが事務所だけだったり、仕事中にネットサーフィンは遊んでいるとみなされるため、情報収集する文化がありません

「機械の前に立ってなんぼ」の精神です

理由③:変化がない

社員の平均年齢が高い会社は、積極的に機械を更新することが少ないので、

加工技術や製法を今さら変えるのをとてもイヤがります

歴史ある会社なら最悪です、10年くらいでは何も変わりません

実際、未だに仕事の受注はFAXオンリーという会社も多いのです

会社のPCがWindows XPならすぐに転職の準備をしてもいいレベルです

30代までに5社くらい経験したほうが良い

結婚している場合、転職の障害になるのが妻の存在

男は基本的にチャレンジ精神と成長したい欲望があります

女は逆に安定を欲しがります、たとえ今の給料が300万円/年で、

転職先が300万円スタートで、能力次第で即昇給という条件でも女は反対します

(ボクの場合そうでした)

この壁が乗り越えることができるなら、もしくは独身なら30代までに(35~37歳くらいまで)に5社以上は経験をオススメします

もちろん、可能ならそれ以上でも良いと思います

機械加工業の場合、転職回数は問題になりません

逆にそれだけ世の中を見てきたことになりますし、経験として評価されます

(ボクは5回転職して6社目です)

同じ会社に長くいると井の中の蛙になる

同じ会社に長くいると、その会社のやり方しか経験できない為成長できません

ボクが生産技術として入社自動車部品メーカーに入社した時です

生産技術課のメンバーはボク以外全員新卒で高専・大卒、終身雇用・年功序列タイプの典型でした

世間では最新技術の自動ブレーキだとか、自動運転技術でも日本車は世界で認められていますが、生産技術は指定です

工場内はNC旋盤などの自動機をはじめ、フル自動ラインもあるのですが

社員の皆さんはNCプログラムもまともに組めない連中ばかりです

エンドミルとフラットドリルの区別もつかない工具係にはあきれました

皆外の世界を知らず、工具商社や機械商社に任せてきた結果だし、変化を嫌う体質が原因です

1日数百個製造する部品のライン内のマシニングセンターには

ハイスエンドミルと黒ドリルが装着されています、それを誰も気にしません

ボクがおかしいと変更を提案しましたが、

変化を嫌う体質のせいで、前例なしのため却下です

同業なら転職は簡単

転職は簡単

ボクの経験上、転職は簡単です

すでに3年程度の経験があればどこでも入れます

転職先は、まずはどこでもいいと思います

転職したらスキルアップに全力集中

今までとの変化を楽しみましょう

仕事の中で得意なことや、楽しい仕事が発生するはずです

そしたら今度は、楽しいこと・特異なことに集中して極めましょう

簡単です、他人の倍の時間その作業に費やします

今業界で出来るといわれている人たちは皆そうしています

機械加工なら、機械操作していない時でも加工の音を聞きましょう

プログラムや、使用工具を見せてもらいましょう

治具やクランプ方法も見ましょう

YouTubeは素晴らしい教材です、加工動画を見まくりましょう

先人たちが何年もかけて習得する技を半分で習得するためには、倍の経験が必要です

ランチの時も自宅でも、スマホを見る時間があったら加工動画を見ましょう

必ず今よりレベルが上の会社に転職する

3~4社目と転職を繰り返すときは、今の会社よりレベルの高い会社を選ぶべきです

加工技術以外に間接業務が効率的に改善した会社や、利益を多く出している会社

新技術を発表している会社などです

ある程度経験を積むか、途中で加工以外の能力に気づいたのなら

業界は変えないで業種を変えるのもありです

ボクの場合は、途中現場ではなく、量産生産技術をしたことがあります

機械加工の最初から最後までを経験している、ということで採用になりました

バックヤード(関節部門)も、管理業務や品質保証、営業や調達など加工経験が生かせる仕事です

調達だと、専門に行うベンチャーがあります

異業種出身の頭脳集団で構成されたCADDiです

まとめ

初心者なら3年程度は同じ会社で初心者脱却

転職回数は多いほうが良い

既婚者なら、配偶者を説得する

独身者なら即行動する

勉強する(YouTubeも有効)

常に上を目指す

タイトルとURLをコピーしました