フリーランスの機械加工技術者

雑記

フリーランスの機械加工技術者とは

ボクは一時期フリーランスで機械加工技術者をしていました

どこの会社にも属さないフリーの機械加工技術者です

ボクは約20年の機械加工の経験を活かし、2013年に独立しました

通常機械工が独立する場合は、旋盤やマシニングなどの機械を購入し、加工屋になるのが一般的です

ボクの場合は機械は購入せず、CAD/CAMと3Dプリンターだけでファブレスで起業しました

そして肩書を「フリーランスマシニスト」として活動していました

フリーランスマシニストにはどんな仕事があるか

フリーランスマシニストの仕事の内容は

  • 契約工場でマシニングなどの機械加工
  • 3Dモデリング
  • 部品設計
  • 部品調達
  • 部品製造コーディネイト

加工屋さん数社と契約していて、ボクの得意な加工案件が発生したときに一定期間その工場で加工をするパターン

加工屋さんや設計屋さん、そのほかにメーカさんなどからの依頼で3Dモデルを作ったり、3Dプリンタで試作

切削加工など機械加工部品の調達を、ボクが各工場に依頼や打ち合わせを行う調達業務の請負

等、自分の工場で製造することなく、各専門工場で製作するコーディネイトや3Dモデリングが主な仕事です

仕事はどうやって探すか

前職のお客さんからも依頼ありますが、

紹介やネットの募集サイト、紹介などです

求人している会社に片っ端から営業します、人ひとり雇うより必要な時に必要なだけの方が低コストなので

あとは紹介です、お世話になっている会社には積極的に紹介をお願いします

フリーランスマシニストの報酬はどれくらい?

だいたい400万弱です、そんなに高額ではありませんがサラリーマンよりは良いです

いろんなモノが必要経費になるからです

そんなに儲かってなさそうな町工場の社長さんが高級車に乗ってますよね

社用車は経費です、事業に必要なPCや書籍も全部経費になります

【悲報】年収1000万でも3割は貧乏。理由と対策を解説!

ボクはフリーランスとして独立する前から会社とは雇用関係にありませんでした

業務委託として独立開業していました、もちろん仕事に必要な車や燃料は必要経費です

そのほかスマホや通信費も経費になるのでかなり節税になります

雇い側にデメリットは無いので、たいていの会社は受け入れてくれるはずです

一つデメリットは、確定申告と青色申告がちょっとめんどくさいです

freeeというクラウド会計ソフトを導入すれば、ほとんど何もしなくても深刻可能です

フリーランスマシニストには何が必要?

モバイルワークステーションとCAD/CAMがあれば、どこの会社行ってもいつも通りに仕事できます

必須ではありませんがテクノロジー系の勉強は必要です

オススメはプログラミングです、考え方がプログラムで考えられるようになるし

最悪転職時に強力なスキルになります

全国いつでも、どこでも受けられるオンライン説明会

まとめ

いきなりフリーランスとして独立開業するのが不安な場合は業務委託契約がオススメ

フリーランスは自由です、副業の制限はありません

節税できるので、年収が同じなら生活は豊かになります

確定申告・青色申告はfreeeを使えば問題なし

タイトルとURLをコピーしました